白無垢と同格扱いの色打掛スタイルとは?

花嫁衣裳白無垢の意味

白無垢は室町時代頃から、武家の娘の花嫁衣装として用いられる様になりました。挙式用の衣装として用いられたのは、神様に使える人の衣装の色が白だったからと言われています。神聖な儀式に挑むには先ず邪気を払ってから行います。白無垢は格調高い雰囲気を醸し出し、身の清浄やこれからどんな色にも染まりますと言う意味が込められています。なので嫁入りする花嫁の為の衣装とも言えます。神前式の挙式にふさわしい白無垢は、挙式では白無垢で披露宴では一般的に色打掛等にお色直しをします。白無垢は伝統的で古風ですが、最近では生地の柄や風合いは勿論、織りなのか刺繍なのか等質感に変化を出す事が注目されています。裾や袖口、襟元に上品なアクセントをつけた物も人気です。

白無垢と同等の色打掛

色打掛は室町時代に元々武家で使われていた婚礼衣装です。打掛と呼ばれる様になったのは、小袖を着た上に帯を締めて豪華な模様が描かれた着物を、その上から打ち掛けた事からだと言われています。白以外の打掛の総称を色打掛と言います。色打掛はその昔白無垢よりも格下扱いでした。主にお色直しの衣装としてでしたが、最近では白無垢と同様に花嫁衣裳を代表する物になりました。色打掛は白無垢と同格として扱われています。色打掛は引き振袖と比較するとダイナミックな柄が多いです。なのでその美しさに目を奪われてしまう事もあります。色打掛はフォトウエディングでも人気があります。結婚式はドレスなので前撮りでは色打掛の姿を残したい等の声も沢山聞かれます。