もっとも格式の高い白無垢スタイルとは?

白無垢の歴史と込められた意味

白無垢は和装の婚礼衣装の中でも最も格式が高いものです。白という色は古来より太陽の日の光の色を表す神聖な色とされ、祭服の色に使われていました。婚礼衣装に白色が用いられるようになったのは平安時代のことであり、「相手の家の色に染まるように」という意味も込められるようになります。現代では披露宴で白無垢から色打掛に着替えることもありますが、これは相手の家の色に染まったことを示すとされています。白無垢が着用されるようになったのは、室町時代の武家社会の中でです。江戸時代には白一色ではなく、掛下に赤や黄色などの色のついた間着も着用されていました。嫁ぎ先の家に染まるという考え方は、現在からすると古いようにも思えますが、人生の門出をまっさらな気持ちで迎えるためにも白はふさわしい色なのかもしれません。

白無垢で行う挙式スタイル

白無垢は元々神前式着られていた衣装でしたが、現在では神社以外でも白無垢を着用して式を執り行うことが可能です。神前式とは、神社で行う日本の神様たちに二人の結婚を報告する式です。朱色の鳥居と白無垢のコントラストが美しいことから、白無垢は純白のものが選ばれることが多いです。仏教の方式によって行われる仏前式でも白無垢を着用することができます。荘厳で華やかな雰囲気が漂うお寺での式では、金や赤などの色を取り入れた白無垢が似合います。人前式ではドレスが一般的ですが、宗教にこだわらず二人の希望に沿ってプランニング可能なために、白無垢を選ぶ人も多いです。他にも、写真のみで行うフォトウエディングでも白無垢は人気を集めています。