着物と式場の格は合わせるべきか?

式場にあった服装を着よう。

結婚式は教会やホテルなど様々な場所で挙式されるようになりました。式場は人生の新たな門出を祝う場所となりますので、多くの人が式場選びに奮闘します。そんな中で最近注目されているのが神社仏閣などにおける和装婚です。和装婚は日本古来の伝統ある結婚式で、しかも神社仏閣という格式高い場所で執り行われるという点で、根強い人気があります。

和装婚で結婚式を挙げる場合、注意しなければならないのは服装です。和式ですので当然のことながら、新郎新婦は和服、すなわち着物で臨むこととなります。しかも格式が高いお寺や神社では着ていく着物もそれに合わせていくことが必要となります。こうした点から、和装婚を実施するに当たっては事前にスタッフ関係者と十分な打ち合わせが必要となります。

控え室があるかどうかも要チェック。

着物を着ての挙式となりますと、その準備にはそれなりの時間を要します。ましてや着物の着方に精通していなければ、その時間はさらにかかることとなります。このため式場において控え室があるかどうかも事前のチェックポイントととして重要です。ホテルなどとは違い、お寺や神社には十分な敷地があるわけではなく、場合によっては控え室のような部屋がないところもあります。準備が十分整えることができるような控え室があるかどうかはとても大切と言えます。

このように和装婚では服装が重要なポイントとなりますが、それ以外にも挙式するにあたってお寺や神社独自のルールを設けていたりすることがありますので、その点も注意が必要です。厳かな雰囲気での挙式をするわけですから、準備もしっかりしておきましょう。