婚礼の着物にもトレンドってあるの?選び方のコツは

和装婚の挙式には邪気を払う白無垢

和装婚といえば、神前式や仏前式が挙げられます。神前式は、主に神社で結婚式が行われますが、他にもホテルや結婚式場などでも神前式が行われています。仏前式とは、来世に生まれ変わっても縁が結ばれるという仏教の教えから、2人の結婚をご先祖様に感謝を込めて報告し、来世まで結ばれると誓う儀式です。

和装婚の婚礼衣装の中でも、最も格式が高いのは白無垢で、挙式の時のみに着られます。白無垢は、打掛から掛け下など全てが白で統一され、邪気を払うという意味で神聖な儀式に臨むための特別な衣装です。白無垢には、綿帽子という白い袋状になった布の帽子を文金高島田の上から被ります。小物類も白で統一するのが基本ですが、近頃では白地に金や銀の刺繍、また赤やピンクをアクセントとして取り入れる白無垢や小物もあります。花嫁の好みや式場の雰囲気によって選ぶのが良いでしょう。

和装の披露宴では華やかにアレンジ

披露宴には、白無垢の上から色打掛を羽織り、お色直しをします。色打掛は、色や柄が豪華で美しく、花嫁をより華やかに彩りを与えます。色打掛の他にも振袖をお色直しで着る場合も多く、打掛よりも身動きが取りやすいことから、近頃では独身最後の思い出にと選ぶ花嫁が多いようです。

色打掛には角隠しを頭に付けるのが主流ですが、振袖を着る花嫁の間ではオシャレなヘアスタイルを和装コーデに取り入れるスタイルが増えてきました。ボブ風にロングヘアの毛先をまとめて髪飾りをワンポイントとして付けてみたり、ゆるふわのアップスタイルで優しい雰囲気にアレンジしてみたりと「和」の伝統を守りながらも現代のスタイルにアレンジするのが人気です。披露宴の衣装も、参列者の年齢層や式場のスタイルに応じて選びましょう。